新着情報&ブログ

ホワイトエッセンス岸和田店

歯を失ったら…

先月に引き続きブログを書かせて頂きます。歯科医師の松木です。 皆さんご存知の通り人間の歯には限りがあります。サメみたいにいっぱい歯が生えてくれば虫歯になれば抜いちゃえばすぐ解決ですね。 人間は乳歯が20本、永久歯は親知らずまで入れると32本あります。 先程記載させて頂いた本数は最大本数なので個人差はあります。 この職業柄、レントゲンをたくさん診させて頂いておりますので分かるのですが親知らずはあったり無かったりする人はとても個人差があり無い人もたくさんいます。 そしてあまり周知されていないのが私たちが「先 欠」と呼んでいる「先天性欠如」という状態の事があります。 先欠は本来生えてくるはずの永久歯が何らかの原因で元から無かった状態の事であります。 先欠が起きやすい場所は前から5番目と前から2番目の歯に多いです。 先欠かどうかはレントゲンを撮ってみないと基本分かりませんのでご心配な方はご相談頂ければと思います。 ここまで先欠の事をお話してきましたが実を言いますと私も先欠であります。 私は下の5番目の歯が左右ありません。親知らずもありません。 悲しいことに私は生まれつき永久歯が26本であります。でもこれはどうしても変えようがありませんので運命を受け止 めております。 この事実を知ったのは高校3年生の時でした。 私は歯科検診の時に下に乳歯が2本ある事を毎回書かれていました。 同級生にも少しからかわれたりしたこともありました。冗談交じりでしたが( ̄▽ ̄) そして高校3年生の時に国語の授業中に右の5番目の乳歯を舌で触っていたらグラグラしてきました。 その時は何も考えずにそのまま舌でグラグラさせていたら、な・ん・と 抜けてしまいました。 私は抜けると思っていなかったので当時とてもビックリしました。 そして歯科医院に行ったところ「先欠」である事が発覚しました。 最近はそういう子が多 いよと言って頂きましたがそこには次に歯は生えてこないと言われたのでどうしたらよいのか分からなくなりました。 その時に提案して頂いたのはブリッジ、インプラント、入れ歯でありました。 私も今現在1本何らかの原因で歯が無くなった方には以上の3つをお話ししております。 当時は未成年で歯科の事もよくわかっておりませんでしたのでお母さんと相談してすすめていきました。 結局私は親の支援もありインプラントを選択しました。 正直どういったものかもよくわかっておりませんでしたが先生が丁寧に説明して下さったり親の後押しもあり選択できました。 今現在、私は34歳になりました。 当時18歳でインプラントをして16年が経ちますが何の問題も無く使用出来ております。 他にも色々選択肢がある中、私が選択したインプラントは私にはとても合っていたと思います。 入れ歯やブリッジもそれぞれ長所や短所があります。 人それぞれ生活背景がありますので納得して頂いて治療をして頂きたいと私も思いますのでとことん相談してください。 そしてその歯でこれからの人生を美味しいものを食べて楽しく生きていきましょう。 当院ではインプラント埋入には専門の先生に来て頂いておりますのでとても安心ですよ。 皆さんの人生がより良くなるサポートを中 村歯科は常にさせて頂いております。 余談ですが左の下の乳歯はまだ元気に生えております(/・ω・)/ おじいちゃんになっても乳歯が生えている歯科医師を目指して守り続けます<(_ _)> 長くなりましたが今後も中村歯科を宜しくお願い致します。                 歯科医師 院長 松木宏之

医療法人雅心会グループ

専門サイト

マウスピース矯正専門サイト

歯科医師・分院長求人専用サイト

歯科衛生士求人サイト

関西テレビ「よ~いドン!」「となりの人間国宝さん」のコーナーで紹介されました!

読売テレビ「もんくもん」ホワイトエッセンス梅田店が取材を受けました。

デンタルエステサロン ホワイトエッセンス